販売パートナー希望の企業様はこちら

公益法人に特化
会計・給与計算システム

ヒューマンライズInfinity公益法人会計システム

【機能】効率的で誤りをなくす登録・入力機能 公益法人会計の基準に沿った入力画面と仕訳チェック機能で会計データの正確性と安定性を実現します。

予算登録から決算処理まで
公益法人様の会計業務フローに沿った入力画面をご用意しております

公益法人様の実務処理の流れに沿ったシステムメニューを構成しているので、
予算登録から日常業務、決算処理までスマートに処理をすることができます。
また、ヒューマンライズならではのチェック機能と操作性で業務の効率化を図ります。

①予算登録 前年度予算をコピーして
今年度予算を作成できるので効率的!

前年度予算データをコピーして今年度の予算データとして利用することができます。
収支計算書科目または正味財産増減計算書科目に登録した予算データをお互いの科目にコピーすることもできます。
共通経費等で入力した予算を事業区分ごとに按分できます。入力時には前年度予算額が参考として表示されます。

②伝票入力 仕訳入力に誤りがあったらアラート表示!

仕訳の入力段階では、金額だけではなく、仕訳として正しいかという論理チェックが働きます。誤った仕訳には、エラーメッセージが表示される考える会計ソフトです。
不正仕訳入力防止機能を搭載しているので、伝票入力ミスをその場で発見します。エラーメッセージで詳細内容をお知らせします。

一取引二仕訳の自動作成

ヒューマンライズでは、仕訳論理チェックや一取引二仕訳の自動作成機能により、貸借対照表、収支計算書、正味財産増減計算書の整合性が常に保たれた状態にあります。このため、試算表の数字があわないということはありません。
伝票入力段階で一取引二仕訳の二仕訳目の科目属性を判断し自動作成します。入力時点で展開科目が確認でき、入力の誤りが発見できます。科目や科目属性情報は専門スタッフが設定するため、ご担当者様の負担なく伝票入力が行えます。

③起案・伺書管理 執行前の予算管理と伺書の作成

「起案・伺書管理」機能により、執行前の予算管理や伺書「支出負担行為伺書」や「支出命令書(決議書)」を作成することができます。部門毎や事業毎にも予算を登録することができますので、事業担当者も執行前後の予算残高を確認しながら、伺書を作成することができます。

④複雑な階層管理 会計、勘定科目、事業などの複雑な階層管理にも対応

会計体系(事業区分)は3階層、勘定科目は最大7階層まで登録可能です。また、受託事業やイベントなど、内部管理用の集計単位「事業別管理」は最大4階層設定することができますので複雑な階層管理にも対応できます。

⑤指定正味財産仕訳チェック 複雑な指定正味財産に関する仕訳のチェックリストを出力

貸借対照表における資産と正味財産の関係において、指定正味財産は、必ず基本財産か特定資産に充当されていなければいけません。正しい決算を行っていただけるように、複雑な指定正味財産に関する仕訳のチェックリストを出力できます。

⑥注記出力 処理画面に従って補足入力だけで注記が作成可能!

注記に必要な会計情報は自動的に集計されるため、処理画面に従って補足入力だけで注記が作成できます。
財務諸表の注記として全17事項を出力します。
また、Excel形式で出力しますので、ご法人様のご希望の様式に加工することができます。

⑦決算書備考入力 より解りやすい帳票が作成可能!

財務目録や収支計算書の備考やメモ書きが入力でき、より解りやすい帳票が作成できます。

東京本社 03(5298)6231 大阪支店 06(6390)3777 九州支店 092(292)0681 9:00~18:00(土・日・祝日・年末年始を除く)

公益法人
会計システム

お問い合わせ