セミナーテキスト「公益法人会計 中級編」

資料請求

セミナーテキスト「公益法人会計 中級編」

イベント詳細

〇 「公益法人会計 中級編」

Ⅰ.公益法人特有の会計処理

 (1)一取引二仕訳

   ①一取引ニ仕訳とは

   ②一取引ニ仕訳を行う理由(企業会計との比較)

   ③資金収支計算書は作成義務がない

   ④資金収支計算書を作成する理由

   ⑤資金の範囲

   ⑥正味財産増減計算書科目と資金収支計算書科目の相違

 (2)区分経理

   ①会計区分

   ②収益科目の計上基準

   ③共通費用の配賦基準と配賦割合

   ④会計間の取引

Ⅱ.会計処理の選択が必要な取引

 (1)有価証券の会計処理(一般正味財産を財源とする有価証券の会計処理)

   ①有価証券の分類と評価方法

   ②「満期保有目的の債券」の会計処理

   ③「その他の有価証券」の会計処理

   ④減損処理

   ⑤評価損益の科目と表示

   ⑥「財務諸表に対する注記」への記載方法

 (2)減価償却資産の会計処理

   ①対象資産

   ②取得価額に含める範囲

   ③減価償却の計算

   ④減価償却の記帳方法

   ⑤除却の会計処理

 (3)減価償却資産に関連する諸論点「リース会計」

   ①リース取引とは

   ②会計上のリース取引の定義・分類・判定

   ③リース取引の会計処理

   ④所有権移転外ファイナンス・リース取引の会計処理の方法

   ⑤公益法人会計における所有権移転外ファイナンス・リース取引の会計処理

   ⑥「財務諸表に対する注記」への記載方法

閉じる