会社概要

現在のページ

ホーム > 会社概要


メッセージ

近年のコンピュータの急速な普及は、ハード面の技術的進歩とコストダウンにその原因があります。
この技術的革新は、通信手段の発展と共に社会生活に多くの影響を及ぼしてきました。

一方では、ソフト面における対応の遅れやトラブルの発生が毎年のように指摘されています。最新の技術力を持った人材養成には時間とコストがかかることが原因です。
また、技術的側面に焦点が集まるあまり、利便性や効率性のみが強調され"コンピュータと人間の有機的なかかわりあい" というシステムの本質が軽視される傾向があります。
コンピュータを導入したため、かえって業務が歪められることさえあります。
満喜株式会社では、ソフト開発をする上において次のように考えます。

  • 各ソフトを、全体的システムの一環として位置付け開発すること。
  • 一刻も休むことを許されない技術力の自己革新と各業務を、業務の側から分析できる専門能力を追求することによって、「コンピュータは道具である」ことを本質的に実現すべく活動を続けていきたいと考えています。

一刻も休むことを許されない技術力の自己革新と各業務を、業務の側から分析できる専門能力を追求することによって、「コンピュータは道具である」ことを本質的に実現すべく活動を続けていきたいと考えています。

創業者 白井 万佐夫

  • 会社概要
  • 沿革
  • 組織図
社名 満喜株式会社(まきかぶしきがいしゃ)
本社所在地 東京本社
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町14 東信神田ビル3F

大阪本社
〒532-0011
大阪市淀川区西中島7-4-17新大阪上野東洋ビル5F
設立 1964年(昭和39年) 12月
代表者 代表取締役 加藤 俊介
資本金 396,255千円
事業内容 ソフトウェアの開発・販売、コンピュータ機器の販売、基幹業務システムの運営開発に関するコンサルティング業務
取引銀行 みずほ銀行、りそな銀行、関西アーバン銀行
1985年 公認会計士 白井万佐夫がコンピュータソフトウェア業として
大阪府に満喜株式会社を設立
1987年 昭和62年施行公益法人会計基準対応
ヒューマンライズ 公益法人会計システム(DOS版)をリリース
1988年 東京本社開設
1994年 差額計算対応 ヒューマンライズ給与システム(DOS版)をリリース
1996年 ヒューマンライズ 公益法人会計システム(Windows版)をリリース
1997年 ヒューマンライズ 固定資産システム(Windows版)をリリース
1998年 ヒューマンライズ 給与計算システム(Windows版)をリリース
2000年 ヒューマンライズ社会福祉法人会計システム(Windows版)をリリース
2000年 ヒューマンライズ 報酬管理システム(Windows版)をリリース
2002年 ヒューマンライズ Neo 公益法人会計システムをリリース
2003年 ヒューマンライズ 人事管理システム(Windows版)をリリース
2004年 国民健康保険団体連合会向け 会計システムをリリース
2005年 沖縄営業所開設
2005年 ヒューマンライズ Neo 社会福祉法人会計システムをリリース
2006年 プライバシーマークを取得
2006年 平成16年改正公益法人会計基準対応
2007年 ヒューマンライズ Uni 公益法人会計システムをリリース
2008年 サービス部門の強化及び拡充のため、業務系コンサルティングを開始
2009年 名古屋事務所開設
2009年 平成20年施行公益法人会計基準対応
2009年 ヒューマンライズ Uni 固定資産システムをリリース
2009年 ヒューマンライズ Uni 会員管理システムをリリース
2010年 九州支店開設
2010年 ヒューマンライズ Uni 給与計算システムをリリース
2010年 ヒューマンライズ Uni 人事管理システムをリリース
2010年 ヒューマンライズ Uni 報酬管理システムをリリース
2011年 仙台事務所開設
2012年 平成24年施行新社会福祉法人会計基準対応
2012年 ヒューマンライズ Uni 社会福祉法人会計システムをリリース
2012年 ヒューマンライズ Infinity会員管理システムをリリース
2013年 国民健康保険団体連合会規約例等の一部改正に伴う
国民健康保険団体連合会向け 会計システムをリリース
2015年 ヒューマンライズ Infinity公益法人会計システムをリリース
2015年 マイナンバー制度対応
2016年 ヒューマンライズ Uni2 給与計算システムをリリース

組織図



このページのトップへ戻る